2018年1月28日日曜日

【良本】デザイン入門教室 | センスがなくて困っている自分に良い本だった


デザイン入門教室
坂本 伸二 (著)
出版社: SBクリエイティブ
¥1998
初版発行: 2015年7月10日


なかなか良い本だった。

この本が向いている人

  • センスが無くて困っている人(まさに自分)
  • センス磨くの面倒だから理論で片付けたい
  • ダサいチラシしか作れない
  • フリマとかPTA程度のチラシを作る人
  • DTPの基本は知ってる人
  • Illustratorはなんとか使える
  • WEBデザインやろうとしている


長所

  • デザイン理論の実践例がしっかり描かれている
  • よく教本にありがちな「ここはバランスよく配置します」とかいう説明は少なめ。
    バランスの意味が描かれている。
  • センスがなくても理論で問題を解決する、という目標がぶれていない
  • 良い例と悪い例の対比が載っている。
    悪い例の書いてあるデザイン教本はとても少ない
  • 最後の第8章、怒涛の改善例が素晴らしい。
    街でよく見かけるダサいチラシをセンスよく変換している例がたくさん。



良い例と悪い例。×と◯で示されている。
かゆい所に手が届く説明もあるのでわかりやすい。



第8章。
街で見かけるダサいチラシを怒涛のごとく改善しまくっている。
左がダメチラシ。右が改善チラシ。
記載情報は全く同じなのに、理論通り作ればかなり違う。
見てて爽快!
もちろん全ての改善点に理由があり、説明されている。


パラオの改善例はほんっとすごい。
同じ内容なのに理論適応するだけでこんなに美しく。


短所

  • 絶対的に効く王道法則があまり載っていない。
    例えば「対比」の説明では「コントラストをアップすると良い」とは載っているが、「視線を誘導したいところは明度を下げる」というような記載が無い。
    実はこれが大事だったりするのだが。
  • 文字が小さめ。老眼にはしんどいかもしれない
  • 元気あるポップデザインの例が少ない
  • 若干冷淡な印象を受ける。優しさは少なめ。心が疲れている時にはイマイチ。
    やる気が出ててがっつり学びたい時向け。
  • リュウミン、裁ち落とし、などDTP超基本用語は、説明なしに当たり前に出てくる。DTP完全初心者にはツラいと思う。
    少しでも自分でWEBデザインやチラシ作りやったことある人が良い。
  • 基本の本なので、プロとして全部覚えてしまえば不要な本である。




教科書ではなく、辞書的にも使える。
片隅に置いておいて「あ、ここ、どういう理論だったかな?」という時に該当ページだけ読んで思い出せる。

2017年3月25日土曜日

中国製 リモコンモジュール ピン配列

中国製の安い実験用リモコン
一緒に赤外線受光器のモジュールが付いていました。
これのピン配列がわからなかったので調査。
備忘録メモします。

写真のように、- のシルクがある方がマイナス。
- → + → signal
という順番。

基板上のLEDは受信した時に光る。




.

2017年3月8日水曜日

全自動子供TVあきらめるマシーン [試作版]


久しぶりに作りました。
遠くからこっそりリモコン操作で、TV映りを悪くできるマシーンです。

子供はTV夢中になったらいくら怒ってもTVから離れませんが、このマシーン使えば「自然にTVが調子悪くなった」と錯覚して、自然にTV視聴をあきらめる。かも?
という、子育て自動化を応援する画期的マシーンです!



詳しくはHPyoutubeにて!


.


2017年3月1日水曜日

OLED SSD1306 を arduino で使ってみた



最近安くなってきたOLEDモジュールを買ってみました。
中華通販にて。


2017/2/1 注文
2017/3/1 到着
春節挟んだ割には、まあまあ速い到着でした。


実は製品名わからずに買ってしまいました。
なので "OLED" "arduino" で検索して出てきたやり方を真似てみました。


●ライブラリ

https://code.google.com/p/u8glib/
U8glib for Arduino
を使う。
AVR用とかARM LPC1114 用もあるようだ。
ARM面白そうだなあ。mbed運用しか知らないけど。

と、ライブラリダウンロードした所で。
自分のArduinoIDE 1.0.5 に最初からU8glibが入ってました。
自分で昔入れたのか?よくわからないけど
最初から入っているの使いました。




●結線

OLED <--> Arduino
------------------------- 
VDD -- +5V
GND -- GND
SCK -- A5 (analogPort No.5)
SDA -- A4 (analogPort No.4)


●プログラム

U8glib 例のHelloWorldを使用
 

//U8GLIB_SSD1306_128X64 u8g(U8G_I2C_OPT_NONE);

と書かれた行のコメントアウト外して有効にします。



あとはスケッチをアップロードしたら、動いた。
意外とさっくり。
もっと大変かなあ?と思ってました。
ちゃんと作りこまれている。Arduino文化素晴らしいです。

●感想

  • やったね!
  • 明るい!
  • モジュール小さい!かわいい!
  • 腕時計にできそう。無骨でかっこいいかも
  • 消費電力どんなもんなんだろ?

 

●他わかったこと

  • 自分の買ったもの
    SSD1306 128X64 I2C 接続タイプ
    というものらしい。
  • SPI接続のものもあり、ネット上には特に区別なく書かれているサンプルがあるので注意。
  • arduinoでは、I2Cはアナログポートに出ているのか!
    昔使ったけどすっかり忘れていた。
  • メモリは結構消費する
    ArduinoNano ATmega328 の FlashROMを1/3近く使った。
    スケッチサイズ10,124byte
  •  U8glib 以外にももう一つ主流のライブラリがある。が、U8glibの方がメモリ消費少ないらしい。

●参考にしたページ

ありがとうございます。ほんと情報公開助かります

2016年8月17日水曜日

家族に嫌がられないボール盤を作ってくれた報告がありました!


以前MakerFairTokyo2016に展示した
家族に嫌がられない卓上ボール盤 [自作] | 花夢電科雑多猫
を見て、
なんと!
作ってくれた方の報告がありました!

これは嬉しい!
精度も結構出ているようです。



2016年4月17日日曜日

家族に嫌がられない卓上ボール盤 [自作 DIY] → 最新移動しました

[Update 2016.08.17]
最新記事はHPに移動しました。
他の方の作品も掲載しています

2016年4月10日日曜日

手軽ヘッドフォンアンプ作り 0dBアンプ試作

最近手軽なヘッドフォンアンプを作ってます。
中国製の良いヘッドフォンアンプ探してみたけど
中の基板見ると5000円くらいのお手ごろ価格のものは残念品質の部品を多く使ってて。
これなら自分で作ったほうが満足行きそうだなあ。と
  •  電池駆動
  • お小遣いで買える程度に、お財布に優しい
  • そこそこの良い音
  • Opampの味わいが出てくる
を目指して実験中。

まず、chumoy型だろう、と。
ユニバーサル基板で作成。
 直列に邪魔する抵抗を全て外した掟破り0dB回路です
こんなの作ってみたところ・・・
 

なかなかの良い音でびっくりしてしまいました。
少し不満はあるけど素直な音が出てくる。
いくつかOpamp交換してみたところ、今のところNJM4565が良い感じ。
少し説明すると

【入力部】
VRが粗悪品しかなかったので分圧でやってみた。2:1が一番使いやすかった

【出力CRフィルタ】
zobelフィルター?というらしいです。負荷容量によるopamp発振を抑える。0.1uF+100ohmで1MHz以降の高周波を抑えられてます。
これが無いと非オーディオopampでは発振しまくりでした。
オーディオ向けOpampはオーディオ向けというだけあって、位相補償回路がちゃんと機能しているようで、zobelフィルタなしでも動くことが多いです。

【出力コイル】 
自作ヘッドフォンアンプの神 nabeさんblog に載ってた方法です。
たしかにこれ搭載すると発振しにくくなりますね。
0dBゲインなので、zobelだけでは物足りずコイルもつけてしまっている状態。

これ作って満足はしていたのですが、やっぱり本家Chumoyを作って比較したほうが良さそう。
というわけで、本家Chumoyを調査中。
と思ったら、本家Chumoy回路のHPは消えてしまったのですね・・
この記事が最も本家に近そうです。
How to Build the CMoy Pocket Amplifier

なにか面白い知見得られたら続き書いていきます。